給与計算を自分でやってみる時に気をつけること

  • 給与計算の基本について紹介

    • 社会人になると誰もが毎月楽しみにしているお給料ですが、どうやって計算しているのか知っていますか?現在は給与計算ソフトというものがあり、パソコンで一括管理している会社がほとんどですが、今月貰えるはずだった想定額より少ない、計算が合わないなんてことにならないためにも、基本的な給与計算の方法は覚えておきましょう。



      一般的に自分の手元に実際に支給される給料は、総支給額から控除額を引いた額になります。



      総支給額の基本として、基本給と諸手当があります。

      基本給は給料の核となるもので、年齢・勤続年数・能力等によって企業それぞれの給与規定に従って定められています。



      諸手当は家族手当・役職手当・残業手当・通勤手当など基本給にプラスされているものです。



      これも各企業によって異なっています。
      控除額は、法律において休養から天引きされることが決定されている所得税や住民税などの税金、厚生年金や健康保険料、雇用保険などの保険料がまず引かれています。

      こういった税金や保険料は、法律で前年の所得や住んでいる地域などから計算され、人それぞれです。


      年々変動することもあるので確認が必要です。



      その他に各企業で労働組合費や社宅や寮などの費用が別途控除額としてひかれている場合もあります。

      自分で計算するのが難しい方は、項目ごとに金額を入力すると一括で給与計算してくれる無料のwebサイトがあるのでそれを活用する方法もあります。



      本来の支給額と手元に入った額が違うというケースもあるので、一度自分の給与を明確に把握しておくといいでしょう。

  • 関連リンク

    • 給与計算を行う事では、特にエクセルなどを活用している所ももちろんある様ですが、細かいデータをまとめたりする際にはやはり給与計算のソフトを導入する事がとても良い活用が行えます。それはやはり残業代の集計にしても自動で行える事であり、それぞれ会社の規定に従って対応していく流れとなっている事からも、給与の部分で勤怠と連動させながら、タイムレコーダーの数字をそのまま持ってくる事もソフトの活用によっては行える事となります。...

    • 社会人になると誰もが毎月楽しみにしているお給料ですが、どうやって計算しているのか知っていますか?現在は給与計算ソフトというものがあり、パソコンで一括管理している会社がほとんどですが、今月貰えるはずだった想定額より少ない、計算が合わないなんてことにならないためにも、基本的な給与計算の方法は覚えておきましょう。一般的に自分の手元に実際に支給される給料は、総支給額から控除額を引いた額になります。...