給与計算を自分でやってみる時に気をつけること

  • 給与計算ソフト導入のメリット

    • 給与計算とは企業の根幹を支える非常に重要な業務の一つです。



      企業と従業員は労働に対する対価として給与を支払うことを約束されています。



      企業は毎月決まった日にちまでに従業員一人一人の給与を計算し、ミスのない金額を決定して支払手続きをしなくてはなりません。



      給与は決まった金額を一律で支払えばよいという訳ではなく、従業員一人一人の勤務状況をチェックし、残業や有給などを就業規則に基づいて確認します。


      また日本においては所得税や住民税などといった税金は従業員にかわって企業が給与から控除して納めなくてはならないので、これらの法律とも照らし合わせて計算することが求められます。


      給与計算は非常に複雑なので、どこか一つで計算ミスが生じると、結果、給与の遅配や支給額のミスにつながり、従業員の企業への信頼をゆらぎかねません。



      なのでミスのない正確な計算が求められます。



      給与計算はすべて人の手で行おうとすると非常に手間がかかり人でも多く必要となります。そこで多くの企業が給与計算ソフトを導入し、自動化をすることで、給与計算業務の効率化を行っています。またソフトの導入をして、ある程度の基本入力ができれば、計算を自動的にしてくれるので人件費も抑えられ企業としてはコスト削減にも有効です。また法律など毎年のように改正されるものも、ソフトの導入によってスムーズに対応することができるので、ミスを防ぐことができるのです。



      このようにソフトの導入による自動化は企業にとって多くのメリットをもたらしてくれるのです。


  • 関連リンク

    • 給与計算とは企業の根幹を支える非常に重要な業務の一つです。企業と従業員は労働に対する対価として給与を支払うことを約束されています。...

    • 給与計算を行う事では、特にエクセルなどを活用している所ももちろんある様ですが、細かいデータをまとめたりする際にはやはり給与計算のソフトを導入する事がとても良い活用が行えます。それはやはり残業代の集計にしても自動で行える事であり、それぞれ会社の規定に従って対応していく流れとなっている事からも、給与の部分で勤怠と連動させながら、タイムレコーダーの数字をそのまま持ってくる事もソフトの活用によっては行える事となります。...